本文へ移動

高岡子育て支援センター

いろいろレポート

「8ヶ月赤ちゃんのつどい」


3月19日に「8ヶ月赤ちゃんの集い」の育児教室を開催しました。

令和2年7月生まれの8ヶ月の赤ちゃんとママやお家の人が参加されました。

 

最初に「はじまるよ♪」の手遊びで、和やかに教室がスタート!

「むすんでひらいて」など、親しみのある歌での手遊びも盛り上がりました。

タオルを使って、『いないいないばあ』の触れ合い遊びをすると赤ちゃんも大喜びでした。

タオルの中にビニール袋を入れて丸めると、赤ちゃんの好きなシャカシャカ音のするボールに変身!お出かけ先でも楽しめますよ。

「だっこDEゆらり」の曲に合わせて、親子の触れ合い遊びもしました!赤ちゃんが飛行機になってブーン!とママに揺らしてもらったり、高い高いをしたり…にこにこ笑顔がたくさん見られました。ママも全身を使う動きなので、心地よい運動になったようです。 

 

保健師さんのお話では、8ヶ月になると動きも活発になり、思わぬ事故が増えること、

ママからもらっていた免疫がなくなり、風邪をひきやすくなることなどを教えていただきました。危険予測や環境の見直し、体調を崩した時の「おうちケア」の大切さを知ることが出来ました。

パネルシアターでは、ママと一緒に「いないいないばぁ~」をしながら、じっと見て楽しんでいる姿も見られました。

 

ママ達からは「周りのお友だちを見て楽しそうでした。コロナ禍でなかなか他の子と交流することがないので、とても良い機会でした。」「事故防止について知ることができて良かったです。」などの感想かありました
TOPへ戻る