本文へ移動

佐野保育園

いろいろレポート

遠足にいきました(ばなな組・めろん組)

2021-05-13

「あと○回寝たら遠足だね!」「シートひく練習せんなんね♪」と、子ども達がとても楽しみにしていた遠足。当日、晴れるように、みんなでてるてる坊主を作りました。

 

今回は、保育園の周りをウォークラリーしたり、神社で忍者修行をしたり、園庭や神社でお弁当を食べたりしました。

 

ウォークラリーは、保育士が弁当の中身を落としてしまった設定で困っていると、子どもたちが散歩をしながらお弁当の中身を探してくれることからスタート!

 交通安全に気をつけながら歩いていると、田んぼの脇、駐在所、公民館で、おにぎりやウインナーのイラストを見つけ「先生あったよ!」「遠くからでもすぐわかったわ」と大きな声で教えてくれました。

 保育園に戻って、見つけた食材をカードに貼って、お弁当が完成!「先生、お弁当ができてよかったね」と優しく話していました。

 

忍者修行は、片足立ち、ジグザグ走り、くもの巣くぐり、木に変身と、4つの術を修行しました。「楽勝やわ」「もっと長い時間片足で立てるよ」と自信満々に4つの項目をクリアして、神様からの手紙をもらいました。

 忍者になりきって、神社で虫や植物を探したり、友だちと見せ合ったりして、春の自然に触れながら楽しく過ごすことができました。

 

たくさん遊んだ後は、楽しみにしていたお弁当タイムです。「ドラえもんのお弁当なんだ」「からあげ入っとるよ」と、とても嬉しそうにお弁当を広げていました。

「何から食べようか迷う~」「お母さんの作ったお弁当おいしい~!」と、外で食べる食事は格別です。にこにこ笑顔で、友だちとおいしくいただきました。

 

保育園の周りで自然を感じたり風景を見たりしながら楽しむことができて、もっと佐野が好きになった子どもたちです。

TOPへ戻る